独居認知症高齢者の見守りでお困りの方へ!
ひとり歩き高齢者見守りサービス「絆-GPS」のご案内です!

あなたは24時間365日ずっとそばに居れますか?

GPSは、貴方に代わりに見守り続けます…

従来のGPSの問題点


端末を持って外出しなかったら、
何の役にも立たない

充電が切れてしまうと、
位置を検索することが出来ない

ご家族の声: 「通知があると
すぐに迎えに行かないといけない」

「いつ通知があるかわからないので、
遠出も出来ないし、ゆっくり寝ることも出来ない」
肉体的・精神的苦痛・・・
「絆-GPS」はこれら3つ問題点に着目し、ご利用者やご家族の方にご満足して頂けるサービスをご提供させて頂いています。現在、他社サービスをご利用し、ご不満やお困りの方は、是非お試しください。その差を実感して頂けるものと考えます。

ご利用方法の改善

絆-GPSはストラップ方式で使用します。そして、ストラップに「玄関の鍵」を付けて利用します。

電池残量通知サービス

負担軽減の工夫

絆-GPSは、第一報の通知を受けた後、直接通話により外出目的を確認出来ます。これにより、必要な時だけお迎えに行けます。

絆-GPSは、こんな方にお勧めです!

ひとり暮らし
認知症高齢者の
見守り
がしたい!

外出中の
事故が心配

家を出たこと
すぐに知りたい…

どこにいるのか
すぐに知りたい…

自宅の周辺から
遠くに行ったことを知りたい

すぐに本人と
連絡を取りたい

絆-GPSとは…

従来のセンサーマットやドアセンサーは、家族に離床やお部屋から出られたことをお知らせするサービスです。家の外に出たことを通知する機能はありません。また、同居家族が居ることが条件となります。

では、ひとり暮らしの高齢者がひとり歩きされた時、
どのような対応が必要になるでしょうか?

当社が提供する「絆-GPS」は、ひとり暮らしの高齢者でも、ひとり歩きされたことを通知するサービスや外出中の居場所を離れた場所からリルタイムで検索できるサービスです。家族や協力員と情報共有が可能で、迅速な対応のサポートができます。また、通話機能により、外出中での事故防止や安全確保の伝達も出来る「次世代型認知症高齢者見守り・捜査支援サービス」です。

ご利用イメージ

ケース1:ひとり歩きが起こった場合

ケース2:外出先でのお困りごとの場合

※通話は、「着信専用」です。発信は出来ません。

サービス内容

基本サービス


① 移動通知サービス

G P S 本体に内蔵した振動センサーが動きを感知し、ご家族にメールでお知らせするサービスです。

② エリア通知サービス

自宅を中心に、予め設定したエリアから出た時、及びエリア外から入った時に、ご家族にメールでお知らせするサービスです。

③ 随時位置情報検索サービス

お手元のスマホやパソコンで何時でもGPS の位置を知ることが出来るサービスです。追跡中に効果を発揮します。

その他サービス


④ お困りボタンサービス

外出中、突然お困りの事象が発生した時、GPS 本体のボタンを押下するとご家族や協力員にメールで通知するサービス。

⑤ 定時位置情報サービス

停止時 60 分に1 回
移動時 2 分に1 回

自動で位置情報をシステムにアップします。常に最新の位置情報が取れるようになっています。

⑥ 電池残量低レベル
通知サービス

本体の充電残量が30%以下又は15%以下になった時、ご家族にメールで通知するサービスです。会員専用画面でもバッテリー残量が確認できます

仕様

・サイズ: 68mm×46mm×18mm
・重量 : 64g
・防水 : なし
・機能 : GPS機能、通話機能、ボタン押下
・電源 : リチウムポリマーバッテリー
※通話機能は着信のみとなります

充電台


USBケーブル


ACアダプタ


ベルトポーチ


ストラップ


ストラップ
使用例

クラウド画面

価格

初期費用 5,000
月額利用料 6,500 円/月(※)
※月額利用料に関しては、ご担当福祉用具取扱店様 により異なります。介護保険適用された場合は、月額:1,300円(地域により異なる)となります。 ご購入はこちら